薄毛の原因を根本的に治療

先生

若い世代に集中した症状

若い世代で起きるAGAは男性型脱毛症のことで、遺伝による男性ホルモンの過剰分泌が主な原因と見られています。このAGAは専門のクリニックで治療が受けられ、症状の進行を抑えて発毛を促す効果が期待されています。福岡にもこのようなクリニックが増え、多くの男性が治療を受けている状況です。AGAの治療を初めて受けた年齢で最も多いのが30代です。その割合は約60%にもなり、次いで40代が続きます。そして20代でも10%近くはおり、加齢ではなく若い世代に集中している実態が分かります。福岡を始めとするAGA専門のクリニックでは、遺伝などの根本的な原因から改善を目的とした治療が行われています。AGAは、一般的な育毛剤を使った対策では効果も薄いため、専門的な治療を受けていく必要があるのです。

治療内容と成果

AGAの治療では、男性ホルモンのテストステロンを抑えるプロペシアという薬剤を使っていく方法が主です。テストステロンは抜け毛の原因となり、これにはプロペシアの働きが有効的です。福岡にあるクリニックの他、AGAの治療ではプロペシアを使うところがほとんどです。これを定期的な受診で投薬が行われ、経過観察をしていく流れとなります。早い人で半年以内に効果があらわれるようになり、半数以上の人が1年以内に効果を実感しています。2年以内に薄毛が目立たない程の毛髪量になったという人が多いため、根気よく治療を続けていく必要があります。福岡では都心部に専門のクリニックが集中し、交通の便が良いため通院には便利です。スタッフの全員を男性でそろえているクリニックもあるため、男性患者への配慮にも力が入れられています。